育毛に必要な栄養素は日々の食事から摂取

育毛をするためには育毛剤や薬に頼るだけでなく、日々の食事からきちんと必要な栄養素を蓄え、代謝とターンオーバーを整える必要があります。
栄養素で育毛に効果があるといわれているのはビオチンとビタミンです。
ビオチンは髪や皮膚、爪などの組織を作るのに欠かせないビタミンB1の一種ビタミンB7です。
髪の毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質からできていますのでアミノ酸が必須です。
ビオチンはアミノ酸の代謝を促進して、コラーゲンの生成を助けてくれます。
皮膚を健康に保ってくれるので頭皮環境も良好になります。
細胞の再生や新陳代謝を助けてくれるミネラルの一種亜鉛はビオチンとともに、髪の毛の細胞分裂を促進してくれます。
亜鉛は抜け毛の原因となる酵素5アルファリダクターゼを阻害する働きもしてくれます。
亜鉛は髪を刺激や摩擦から保護してくれるキューティクルを作るのにも欠かせない成分です。
育毛に効果的なビタミンはB2とB6といわれており、毛母細胞を活発化してくれます。
B2は皮脂の量を調節して、B6はたんぱく質の吸収を促進して育毛に効果をもたらします。
コラーゲンの生成や鉄分の吸収、抗酸化作用などの役割をしてくれるビタミンCも必要です。
ではこれらの栄養素を含む食材について調べてみましょう。大豆や豆腐などの大豆製品、肉類、魚類、乳製品はたんぱく質として必要です。
亜鉛は納豆、アーモンド、ピーナッツ、胡麻、海苔、いわしなどに含まれています。クエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まります。
ビタミンはアーモンド、胡麻、ピーマン、アボカドなどに含まれています。髪に良い食材として知られているものにかぼちゃがあります。
かぼちゃは肝臓で脱毛ホルモンDHTの分解を助ける作用があります。特にカボチャの種にはポリフェノールの一種であるリグナンと亜鉛が豊富です。
かぼちゃの果肉にはビタミンCやビタミンE、ベータカロテンが豊富に含まれていて、細胞分裂を促進し、皮膚や粘膜を強くし、血管を保護して血流を促進してくれます。
ビタミンB1やB2、食物繊維、カルシウム、鉄分も豊富に含まれているのでお勧めの食材です。

毎日卵とナッツ類は欠かさず摂取しよう!

育毛に必要な栄養素の中でもナッツと卵は代表的な食材です。肉や魚を摂取すると動物性脂肪も同時に摂取することになってしまうのでカロリーが増えてしまいますし、繊維が硬いので消化酵素を消費してしまうからです。
飽和脂肪酸も多いのでコレステロールを増やし、肥満や成人病の原因にもなります。
しかしナッツならたんぱく質だけを効率的に摂取することができ、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸がオイル成分ですので、血液をさらさらにして頭皮の乾燥を防いでくれます。
ナッツにはマグネシウム、ミネラル、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムと体に必要な栄養素がたっぷりと入っていますし、髪を作ったり、地肌を整えてくれる栄養素に恵まれています。
若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEも豊富で肌や髪を丈夫にしてくれます。
ピーナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ、くるみなど種類も豊富ですので毎日少しずついろいろな味を楽しめば飽きずに長く続けられます。
たんぱく質を効率よく摂取するのに適した食材は他にもあります。それが卵です。
ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含んでおり、必須アミノ酸も豊富で、アミノ酸がバランスよく含まれている食品を評価するアミノ酸スコア100点の食材です。
たんぱく質を合成するアミノ酸の代謝を促進するビオチンという成分が豊富で、髪の毛に直接栄養をもたらしてくれます。
ミネラル、セレニウム、亜鉛、も含まれていて高い育毛効果が期待できます。特に髪の毛を育てる含硫アミノ酸を構成する硫黄を含んでいますので育毛には欠かせない食材なのです。
ビオチンはもともと体内にある成分で補酵素として働いています。
育毛だけでなく白髪対策にも使われており、かれいやいわし、肉類、レバーなどに含まれていますが、アーモンドやピーナッツ、かぼちゃ、大豆食品、卵に多く含まれていることが知られています。
毎日欠かさず摂取して食事から育毛するのがおすすめです。