医薬品の発毛剤ならリアップがおすすめ

鏡を見て、梳かしている男性

本当に効果が出る発毛剤で育毛ケアしたいのであれば、「リアップ」という商品がおすすめです。
リアップは国内で最初に、国から発毛効果が認められた発毛剤として知られています。
医薬品ですので、効果効能は認められています。男性用の商品だけでなく女性用もあり、ラインナップも豊富です。
なぜ、リアップが国からも認められるほど、育毛効果が高い発毛剤なのかというと、「ミノキシジル」という有効成分を配合しているからです。
ミノキシジルはリアップシリーズの発毛剤の主成分となっています。正常なヘアサイクルを促し、発毛効果をアップするのが特徴の成分です。
ヘアサイクルが乱れてしまうと成長期にある髪が抜けやすくなる、髪が太く・長く成長しにくくなる事から薄毛や抜け毛が目立つようになります。
ミノキシジルは髪を作り出す毛包という、毛根部分にある組織に直接作用して髪細胞の増殖や、タンパク質の合成を促進する働きがあり、太く・長い髪を育てるサポートをしてくれます。
また、ヘアサイクルの乱れによって小さくなってしまった毛包を大きく、そして深く成長させる事によって軟毛化という、細く弱々しくなった髪を太い髪へと成長させるのも、リアップに配合されているミノキシジルの特徴です。
ミノキシジルは血管拡張作用もある成分ですので、頭皮の血行を促進する効果も期待出来ます。
頭皮の血行が悪いと太く健康な髪を育てる事は出来ません。髪に必要な栄養素は、血液の流れによって毛根まで運ばれているためです。
ミノキシジル配合のリアップを頭皮に塗布する事によって、頭皮の血行が促され毛根に多くの栄養素が良きたるようになります。
結果、育毛サポートが出来るという仕組みです。
国内をはじめ世界の90か国以上で承認されているミノキシジルは、育毛ケアに最適な成分と言えるでしょう。
薄毛や抜け毛の悩みが大きければ大きいこそ、医薬品となっているリアップで本格的な育毛ケアを行う事がおすすめです。

リアップの使用上の副作用や注意点について

医薬品であるリアップは使用する際に、いくつか注意点があるので事前にチェックする必要があります。使用の対象は20歳以上となっています。
20歳以下の方が使うのは認められていないため、使用しないようにしましょう。1日2回、1回1mLを薄毛や抜け毛が気になる、脱毛部分に塗布するのが基本の使い方です。
より育毛効果を実感したいと塗布する量を勝手に増やしてしまうと、副作用が起こる危険性があるので注意しましょう。
リアップは1mLのみの量であっても、頭皮全体をカバーできるように設計して作られています。脱毛部位の大小問わず、1mLのみで十分に育毛サポートする事が可能です。
女性用のリアップは妊娠中と授乳中に使う事が出来ません。有効成分であるミノキシジルは母乳に移行する事が分かっており、赤ちゃんに何らかの影響が出てしまうリスクがあります。
また、妊娠中の使用についても安全性が確認できていないため、使用は禁止されています。
医薬品であるリアップは、副作用が起こる事も考えられます。血管拡張の作用によって、頭皮に炎症や痒みが起こるケースもあるようです。
この他にも高血圧の方が使用する際も、副作用に注意しなければいけません。有効成分のミノキシジルは元々、高血圧の治療薬として開発されました。
高血圧の方は治療のために、血圧を下げる薬を服用しているケースが多いでしょう。薬で血圧が下がっている所に、さらにミノキシジルを塗布した事によってさらに下がってしまうと、体に異変が起こる可能性も考えられます。
リアップの副作用には、血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞や、頭痛・めまい・胸痛、急激な体重増加にむくみなども挙げられるので、これらの症状が出た場合すぐに使用は中止し、医療機関を受診するようにしましょう。